健康のお悩み


健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 耳の病気

耳管機能検査を耳鼻科でやり、耳管狭窄症と診断され治療中の者です。
今、生理食塩水の点鼻薬と柴苓湯とアデホスを飲んでおります。
最近、ゲップをすると右耳の奥が痛いのですが何故でしょう か?医者にはかかりましたが、中耳炎にはなっていないと言われました。
また、調べていたところ生理食塩水の点鼻薬は耳管解放症に使われるもので耳管狭窄症には一般的に使われていなさそうなのですが耳管狭窄症でこのまま生理食塩水の点鼻薬をしていても大丈夫でしょうか?
ご存知の方、お願い致します。



ベストアンサーに選ばれた回答

ゲップをすると喉から鼻へ空気を強く押し出すわけです
耳管が広がるようになり、鼓膜にも穴も開いていない
耳管から空気が入り込み空気圧で押し上げるから痛いのでしょう

そもそも、耳管狭窄症で空気圧が低くなり鼓膜を引っ張り続けていたところですから
多少の炎症があれば痛みもあって普通かと思います
ただそれを中耳炎というか、そこは中耳炎というほどのものではないとするか、さじ加減程度の話だと思います
そういう痛みまで中耳炎と表現する意味もないと私も思います
ただ、説明が面倒だなと思ったら中耳炎の痛みですよ我慢してくださいでも通じる話でもあるという感じかな?とは感じます

あとは耳管の機能が正常化していけばおのずと鼓膜の内側の痛みも消えて日常生活が送り易くなるかと思います



yahoo知恵袋で見る
健康のお悩み一覧へ戻る

▼天然L-ドーパを多く含むムクナ豆通販 たっぷく豆の販売は「たっぷく本舗」

★たっぷく豆の原料のムクナ豆は、天然成分のLドーパを含むとても珍しいマメ!たっぷく本舗は「ムクナ豆」で皆様の健康増進のお手伝いをさせていただきます。天然L-ドーパを多く含むムクナ豆通販 たっぷく豆の販売は「たっぷく本舗」へ!

ムクナ豆専門店のたっぷく本舗はコチラ


その他健康関連のお悩み動画


 お問い合わせ

*下記項目は必須項目になっております。

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須